【2018年1月】平昌(ピョンチャン)オリンピック各放送局の番組テーマソング決定!

ソチ五輪ロゴ画像

いよいよ2018年2月9日より、韓国の平昌(ピョンチャン)第23回オリンピック冬季競技大会が始まります。
寒い冬の熱い闘いが楽しみですね!
今回は時差もほとんどないため、寝不足を気にせずに観戦できそうです。

期間中、各テレビ局で放送されるオリンピック番組のテーマソングが決まりました。
番組を盛り上げ、感動のシーンをよりドラマティックに演出するテーマソング。
各テレビ局の、五輪テーマソングとメインキャスターについてまとめました。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。
スーザン、行きまーす!

スーザン
ゆずの『栄光の架け橋』は、聴くだけで体操金メダル獲得の瞬間がよみがえります!
トミー
安室ちゃんの『HERO』は、昨年の紅白でも話題になりましたね。

各局のテーマソングは?

NHK

SEKAINOOWARI画像
テーマソングSEKAI NO OWARI『サザンカ』
キャスター開会式:桑子真帆アナウンサー、冨坂和男アナウンサー
閉会式:鳥海貴樹アナウンサー、杉浦友紀アナウンサー
中継番組担当:小宮山晃義アナウンサー、西阪太志アナウンサー
放送ナビゲーター:上村愛子さん
公式サイトNHKピョンチャンオリンピック

オリンピックといえばNHK。テーマソングを聴く機会も一番多いのではないでしょうか。
開会式や一部の競技は8Kで放送、ネット中継もされますので、家の外でも視聴することができます。
公式サイトでは、SEKAI NO OWARIのインタビュー動画もみることができます。

フジテレビ

GReeeeN画像
テーマソングGReeeeN『ハローカゲロウ』
キャスター高橋大輔さん、野村忠宏さん、加藤綾子さん
公式サイト平昌オリンピック-フジテレビ

スポーツと数々のコラボレーションをしてきたGReeeeNらしい、さわやかな応援ソングとなっています。
キャスターはカトパンに加え、オリンピアン2人とも、実力だけでなくビジュアル的にも気合の入った布陣です。

日本テレビ

ジュレーム1801_021
テーマソング嵐『白が舞う』
キャスターメインキャスター:荒川静香さん
スペシャルキャスター:櫻井翔さん
桝太一アナウンサー、後藤春菜アナウンサー
山本紘之アナウンサー、山﨑誠アナウンサー
公式サイトピョンチャンオリンピック2018(日本テレビ)

日テレは今回もです。
2008年北京五輪以降、夏季冬季いずれも嵐が起用されています。
嵐の櫻井翔さんも、テーマソングと同じ期間キャスターを務めていますので、今回で6大会連続です。

テレビ朝日

福山雅治画像
テーマソング福山雅治『1461日』
キャスターメインキャスター:松岡修造さん
スペシャルキャスター:織田信成さん
アナウンサー:清水俊輔アナウンサー
公式サイトピョンチャンオリンピック2018(テレビ朝日)

まさか、歌うのは松岡修造さん!?…ではありません。
2018年1月13日現在、テーマソングとアナウンサーが未定となっています。
今までは福山雅治さんが多く担当していましたが、今回はどうなるのでしょうか?

(2018年2月7日追記)
テーマソングは、福山雅治さんに決まりました!前回のリオ五輪と同じ曲となっています。
福山さんの起用も、2012年ロンドン五輪から4大会連続です。
こちらは、デジタル配信限定のシングルのようです。

キャスターは熱い松岡さんと泣き上戸の織田さん。にぎやかなオリンピック番組になりそうです。

TBS

マライア・キャリー画像
テーマソングマライア・キャリー『HERO』
キャスターメインキャスター:中居正広さん
スペシャルキャスター:高橋尚子さん
宇内梨沙アナウンサー、小林由未子アナウンサー
公式サイトピョンチャンオリンピック2018(TBS)

TBSは8大会連続で中居正広さんがキャスターとなります。
テーマソングもSMAPが多く起用されていましたが、今回はマライア・キャリー1993年のヒット曲です。
新曲でないのは珍しいですが、聞き知っているためすんなりと耳に馴染み、競技を見ることができるかもしれません。

 

テレビ東京

NOKKO画像
テーマソングNOKKO『翼』
キャスターメインキャスター:小泉孝太郎さん
フィールドキャスター:荻原次晴さん
鷲見玲奈アナウンサー、福田典子アナウンサー
公式サイトhttp://www.tv-tokyo.co.jp//(テレビ東京トップ)

テーマソングはNOKKOさん作詞、楽曲提供はいきものがかりの水野良樹氏、編曲は松任谷正隆氏というゴールデンタッグになっています。
キャスターは、リオ五輪に続いて小泉孝太郎さん。
アナウンサーは若手女子アナを起用しています。

まとめ

各テレビ局の、五輪テーマソングとメインキャスターについてまとめました。

各局とも、人気と実力のあるアーティストを起用しています。
この起用は、アーティスト側にとってもステップアップとなるのではないでしょうか?

アナウンサーは女性という局が多いように感じられました。
「すべての女性が輝く社会づくり」が進んでいるということかもしれません。

また、メインキャスターのタレント起用は経験者がほとんどですね。
四年に一度の大舞台、テレビ局も視聴者も、安定した放送を望んでいるのでしょう。

この平昌の次はいよいよ東京五輪です。
各局、2020年に向けて試験的な放送を行うかもしれませんね。

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スーザン
テレ朝キャスター松岡修造さん、今回も「修造が海外に行くと日本は寒くなる」現象が起こるのか!?

オリンピック関連で、こちらの記事もどうぞ!

【2018年2月】ANA CM:羽生結弦選手のWeb限定動画が感動的!BGM曲も調査

2018.02.25

【2018年1月】「只今、JALで移動中。」CMにカーリング日本代表が出演!BGM曲も調査

2018.02.04

【2018年1月】DENSO スマイルジャパン応援ムービーに出ている美女は誰?

2018.01.20

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA