インドネシア版ポカリCMが「君の名は。」ぽいと思ったら本物でした【2019年10月】

201910-インドネシアポカリスエットCM-cut01

インドネシアで放送中のポカリスエットCM「POCARI SWEAT – Bintang SMA」が話題です。

バリに住む“Ayu”とジャカルタに住む“Reza”が出会うまでがアニメーションで描かれているのですが、美しい背景美術と躍動感のある作画が、大ヒット映画「君の名は。」のようだと言われています。

まずは、そのCMをご覧ください。

いかがですか?
確かに、新海誠テイストを感じますね。2019年9月からインドネシアで放送中で、YouTubeではすでに1,400万回再生を記録しています。

スーザン
バリやジャカルタの街並みが、みずみずしくてきれい!
トミー
抜けるような青空、離ればなれの高校生カップル、途中には彗星のようなものも見えます。おお〜
アヤパン
CMソングになっているスキマスイッチ「全力少年」もさわやか!

これは、大塚製薬のインドネシア法人「PT. Amerta Indah Otsuka」による、ポカリスエットを題材にしたアニメCM。
インドネシアでは、高熱症状を発する「デング熱」の発症時や、飲食を絶つイスラム教徒の行「ラマダン」の前後にポカリスエットが広く親しまれているんだそうです。

インドネシアのポカリスエットCMを制作したのは誰?

CMタイトル TVC POCARI SWEAT – Bintang SMA
放送開始 2019年9月6日
監督 四宮義俊
制作スタジオ CLAP/MAPPA
CMソング スキマスイッチ「全力少年」

ウワサを呼んだ製作者について、2019年10月25日情報が解禁!
監督を務めたのは、「君の名は。」の回想シーンの演出などで知られる四宮義俊(しのみや・よしとし)さんです。
YouTube「PocariID」チャンネルでは、メイキング動画も公開されていました。

スーザン
「君の名は」ぽいと思ったら、本当に制作を担当された方だったとは!

四宮義俊さんについて

四宮さんは、1980年神奈川県生まれ。
東京芸術大学大学院博士後期課程修了、博士号取得。在学中から日本画家として活動をはじめます。
2003年、卒業制作でサロン.ド.プランタン賞、台東区長賞、平山郁夫奨学金賞を受賞。
2008年には、星野信吾賞展で審査員推奨作品、第十二回文化庁メディア芸術祭で審査員推薦作品。2011年には文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業に選ばれます。

平面絵画をベースに立体作品、アニメーション作品、書籍の装画やテーマビジュアルなどを含め幅広く制作、個展やグループ展で作品を発表しています。

最近の活動としては、映画「ライオン・キング」を“超描写”、リアル脱出ゲーム「不思議の国からの脱出」キービジュアル島村楽器「Evergreen Project」アートディレクター、劇場版「ポケットモンスター」20周年記念ビジュアルなど。

2018年9月から渋谷スクランブル交差点四面ビジョンで公開中の「トキノ交差」は、渋谷芸術祭2019映像部門に入選!

多くの新海作品に参加

新海誠監督の作品には、「星を追う子ども」(2011年)で初参加。
言の葉の庭」(2013年)では、ポスターイラスト・劇中美術を担当します。

そして「君の名は。」(2016年)では、「回想シーン」演出・原画・撮影を担当!

このほかにも、ご紹介できないほど多くの作品を制作されていますが、どれをとっても目を奪われる美しさです。気になった方は、公式サイトTwitterをご覧ください。

まとめ

インドネシアのポカリスエットCMの監督を務めたのは、美術家・日本画家の四宮義俊さんでした

恥ずかしながら、四宮さんのことを今回初めて知りました。
そして、美しい作品にビックリ!そして、絵画だけでなくアニメーションや映像など、八面六臂のご活躍にこれまたビックリ!
芸術の秋、みなさんも四宮さんの作品に触れてみてはいかがですか。

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA