【2019年2月】愛媛県 PR動画|昭和歌謡のような「疲れたら、愛媛。」を歌うのは誰?

愛媛県 PR動画|昭和歌謡のような「疲れたら、愛媛。」

どうも、アヤパンです。

今回ご紹介するのは、愛媛県のPR動画で 2019年2月11日に公開されました愛媛県観光PR動画!人気お笑いコンビ「和牛」が歌う「疲れたら、愛媛。」(愛媛県公式)です。

アヤパン
近年、地方自治体がつくるPR動画おもしろいですよね〜。また、テレビでもピックアップされたり、クイズ番組の問題として使用されたりと注目されていますよね!

愛媛県のPR動画どのようにPRされているのか、気になりますね!
ご紹介に参ります!

愛媛県観光PR動画!人気お笑いコンビ「和牛」が歌う「疲れたら、愛媛。」(愛媛県公式)

201902_愛媛県PR動画01

女性「あー!終わったー。今日も残業疲れたわ〜。」

201902_愛媛県PR動画02

謎の声「お疲れ」
女性「誰?」

201902_愛媛県PR動画03

謎の男「お疲れ」

201902_愛媛県PR動画04

(歌が始まる)

201902_愛媛県PR動画05

謎の男「♪お疲れさまです お疲れさまです」

201902_愛媛県PR動画06

謎の男「♪疲れた人に 取り憑く わたし オツカレ神」

201902_愛媛県PR動画07

女性「♪嫌よ イヤイヤ 近づかないで」

201902_愛媛県PR動画08

二人「♪今は 癒 癒 癒されたいの」

201902_愛媛県PR動画09

二人「♪疲れたら、愛媛」

201902_愛媛県PR動画10

二人「♪疲れたら、愛媛」

201902_愛媛県PR動画12

二人「♪波の音がやさしい 疲れたら、え・ひ・め」

201902_愛媛県PR動画13

オツカレ神「♪松山城下町」

201902_愛媛県PR動画14

二人「♪道後は湯の町」

201902_愛媛県PR動画15

二人「♪浴衣でそぞろ歩けば」

201902_愛媛県PR動画16

女「♪猫たち振り返る」

201902_愛媛県PR動画17

オツカレ神「♪今の気分を五・七・五」

201902_愛媛県PR動画18

二人「♪俳句にしたら」

201902_愛媛県PR動画19

二人「♪温泉行きましょう」

201902_愛媛県PR動画20

二人「♪疲れたら、愛媛 疲れたら、愛媛 お湯も人もやさしい 疲れたらえ・ひ・め」

201902_愛媛県PR動画21

(間奏)

201902_愛媛県PR動画22

(間奏)

201902_愛媛県PR動画23

オツカレ神「♪内子の町並み」

201902_愛媛県PR動画24

女性「♪ウチここはじめて」

201902_愛媛県PR動画25

オツカレ神「♪今のはダジャレでしょうか?」
女性「♪深くは聞かないで」

201902_愛媛県PR動画26

オツカレ神「♪鯛めしこれで何杯目?」

201902_愛媛県PR動画27

女性「♪だいぶ元気が」

201902_愛媛県PR動画28

二人「♪出てきたみたい」

201902_愛媛県PR動画29

二人「♪疲れたら、愛媛 疲れたら、愛媛 疲れたらえ・ひ・め」

201902_愛媛県PR動画30

二人「♪疲れたら、愛媛 疲れたら、愛媛 あなたを待っています 疲れたらえ・ひ・め 疲れたら、愛媛」

201902_愛媛県PR動画31 201902_愛媛県PR動画32

耳に残る、楽曲でしたね〜。
ついつい、サビ部分を口ずさんでしまいますw

疲れている時は、こういった曲が沁みる〜。
聴いているだけで癒癒 癒されそうです。

また、愛媛の特産、お祭り、名所などもたくさん見ることができて良いですね〜。

トミー
ロードバイクに乗るのが好きなので、しまなみ海道が目にとびこんできました
スーザン
紅まどんなのシズル感!またじゃこ天、鯛めしもそそられます!
アヤパン
道後温泉も建物の見た目よし!入るもよし!で癒されそうです

愛媛県の魅力をたっぷり詰めた楽曲を歌われていたお二人について調査しました!

「疲れたら、愛媛」を歌っていた二人は誰?

201902_愛媛県PR動画08

「疲れたら、愛媛」を歌われていたのはお笑い芸人の「和牛(わぎゅう)」のお二人でした。
オツカレ神を演じていたのはボケ担当の水田信二(みずたしんじ)さん、女性を演じていたのはツッコミ担当の川西賢志郎(かわにしけんしろう)さんでした。

また、この曲を作詞作曲されたのはアンチモン赤松隆一郎(あかまつりゅういちろう)さんです。赤松隆一郎さんはサントリー グリーンDA・KA・RAの「グリーンダカラちゃんのうた」や、クラシエ ナイーブの「おふろのうた」などのCMソングをつくられている方です。

編曲されたのは和田耕平(わだこうへい)さんです。和田耕平さんはアサヒビール(ぐびなま.arr)、赤城乳業、メットライフアリコなどのCMソングの編曲や、CMの作・編曲などのお仕事をされています。

曲を歌われていた「和牛」のお二人について調査しました。

和牛(わぎゅう)のプロフィール


(左:水田信二(みずたしんじ)さん、右:川西賢志郎(かわにしけんしろう)さん)

  • 名前    :水田信二(みずたしんじ)
  • 生年月日  :1980年4月15日(38歳:2019年2月現在)
  • 身長    :168cm
  • 血液型   :O型
  • 出身地   :愛媛県伊予市
  • 職業    :芸人(ボケ担当)
  • 特技    :料理
  • 趣味    :料理、フットサル・サッカー、食べ歩き、家電製品、音楽鑑賞
  • 所属    :よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社所属
補足情報
愛媛県立伊予高等学校卒業、 神戸国際調理師専門学校 卒業。調理師免許取得後、大阪の和食店・神戸の有名洋食店で計7年間修行した経験を持つ元料理人で、創作料理も作れる腕前から料理芸人としても活動されています。中学高校はサッカー部に所属。
  • 名前    :川西賢志郎(かわにしけんしろう)
  • 生年月日  :1984年1月29日(35歳:2019年2月現在)
  • 身長    :170cm
  • 血液型   :O型
  • 出身地   :大阪府東大阪市
  • 職業    :芸人(ツッコミ担当)
  • 特技    :料理
  • 趣味    :釣り、ラグビー、お酒、Mr.Childrenファン・ゆずファン
  • 所属    :よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社所属
補足情報
大阪府立清水谷高等学校卒業、龍谷大学中退。中学高校はラグビー部、大学はラグビーサークルに所属。高校時代のポジションはスタンドオフとセンター。締めのツッコミ「もうええわ」が特徴的。

和牛の略歴

タイトル

2006年〜2012年

2人から同時期にそれぞれ相方を探しているという相談を受けていたバイク川崎バイクが仲を取り持ち、2006年コンビを結成。NSCで同期であったが、紹介されるまで面識はなかったそうです。水田さんはすぐ組むことは決めておらず一度断ったが、M-1グランプリに出場したいと思った時今まで出会った人を振り返り、一番真面目で素直に話を受け入れた川西さんに連絡を取り結成をしたそうです。コンビ名の由来は、水田さんのバイト先のステーキ屋で一番高いコースが和牛のコースだったことからだそうです。

2009年にはABCお笑い新人グランプリ決勝戦進出、M-1グランプリ準決勝進出、2010年にはキングオブコント準決勝進出と賞レースで爪痕を残し始めます。
2011年にソーセージ・アインシュタインと毎月1回新ネタを披露するライブ「ソーセ牛シュタイン」をスタート。2012年10月からは、アキナ・和牛・アインシュタインの3組でユニットライブ「アキナ牛シュタイン」を定期開催。この頃「へりくつ漫才」の原型が出来上がります

2013年〜2015年

THE MANZAIワイルドカード決定戦進出を果たし、年末のオールザッツ漫才で優勝し、12月には第4代「煌〜kirameki〜Member」(キラメン7)に選ばれます
2014年、上方漫才コンテストで賞レース初の優勝
その後、THE MANZAI2014決勝進出、M-1グランプリ2015決勝進出を決めている。

2016年〜現在

2016年8月、コンビ結成10年目の節目に単独ライブを大阪・東京で開催。
M-1グランプリ2016は準決勝敗退したが決勝当日に行われた敗者復活枠から決勝進出し準優勝に終わります。
2017年春に大阪から東京に活動拠点を移します。
M-1グランプリ2017では決勝までストレートで勝ち進むも、去年同様準優勝だった。

2018年、様々なメディアでブレイクしそうなお笑い芸人ランキングで1位に選ばれます。
4月に和牛にとっては初であり、水田の念願だった地元愛媛での冠番組『和牛のA4ランクを召し上がれ!』がスタート。
4月、第53回上方漫才大賞奨励賞を受賞。
12月、M-1グランプリ2018は決勝までストレートで勝ち進むが、去年同様準優勝。1位との差はまたもや1票でした。3年連続での準優勝。

和牛のSNSチェック

水田信二さんはTwitterinstagram
川西賢志郎さんはTwitterinstagramのアカウントをお持ちです。

今回は水田信二さんのinstagramをのぞいてみました。


俳優業もされてるんですね!


まなみちゃん!

まとめ

201902_愛媛県PR動画12

「疲れたら、愛媛」を歌われていたのはお笑い芸人の「和牛(わぎゅう)」のお二人でした。
オツカレ神を演じていたのはボケ担当の水田信二(みずたしんじ)さん、女性を演じていたのはツッコミ担当の川西賢志郎(かわにしけんしろう)さんでした。

また、この曲を作詞作曲されたのはアンチモン赤松隆一郎(あかまつりゅういちろう)さんで、編曲されたのは和田耕平(わだこうへい)さんでした。

最後までおつきあいいただきありがとうございました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA