【2018年5月】大成建設 アニメCM|働く女性の横顔がカッコイイ!見入ってしまうアニメCMの監督と楽曲を調査!

大成建設CM:「シンガポール」篇:06

ど〜も、トミーです。

4月は暖かな日があったのに、5月に入って暑くなるかなと思いきや、
雨降り、曇天などで、ちょっと肌寒い日がつづいてますね。
公園に行けない日は、子供達と一緒にテレビにかじりついてしまいがちです。
そんなとき、DVD借りてみんなで見るのも楽しいですよね。

今回紹介するの大成建設のコーポレートCMです。
2018年5月6日に公開されました大成建設 「シンガポール」篇です。
このCMは全編アニメーションで構成されています。

気になりますね!

では、トミー行きまーす!

大成建設CM:「シンガポール」篇

CM内容

大成建設CM:「シンガポール」篇:01

女性(ごめん、同級会には行けません。)

大成建設CM:「シンガポール」篇:02 大成建設CM:「シンガポール」篇:03 大成建設CM:「シンガポール」篇:04

女性(いま、シンガポールにいます。)

大成建設CM:「シンガポール」篇:05
友人1(来られないんだって)
友人2(シンガポール?)
大成建設CM:「シンガポール」篇:06

女性(この国を南北に縦断する地下鉄を 私は造っています)

大成建設CM:「シンガポール」篇:07 大成建設CM:「シンガポール」篇:08

女性(本当は、あの頃が恋しいけれど)

大成建設CM:「シンガポール」篇:09

女性(でも)

大成建設CM:「シンガポール」篇:10 大成建設CM:「シンガポール」篇:11 大成建設CM:「シンガポール」篇:12

女性(いまはもう少しだけ 知らないふりをします)

大成建設CM:「シンガポール」篇:13

女性(私の造るこの地下鉄も)

大成建設CM:「シンガポール」篇:14

女性(きっといつか誰かの青春を乗せるから)

大成建設CM:「シンガポール」篇:15

ナレーション「大成建設」

このCMと同じように 大成建設は シンガポールで地下鉄の工事の一部を行っています。
シンガポール地下鉄トムソン線のT226工区というところを施工されているそうです。
結構大掛かりな工事のようで、工期は2014年2月〜2020年12月と約6年10ヶ月も掛かるそうです。

トミー
大成建設のCM、映画の予告のようなCMでしたね。
女性のアップときのツヤ感や、見入ってしまうような背景、すごいなぁと思います。
もう少し長く見たい気持ちになりますね。

この映画の予告編のようなCMを作られたのはどなたか気になったので、
調査しました!

大成建設 CMを制作したのは誰?

この映画の予告編のようなCMを作られたのは新海誠(しんかいまこと)監督でした。

「君の名は」「秒速5センチメートル」などの監督で有名ですね!
新海誠監督について調査いたしました。

新海誠(しんかいまこと)さんのプロフィール

新海誠(しんかいまこと)
  • 名前    :新津 誠(にいつ まこと)
  • 生年月日  :1973年2月9日(2018年5月時点、45歳)
  • 身長    :-cm
  • 血液型   :-型
  • 出身地   :長野県
  • 職業    :アニメーション作家・映画監督、小説家
  • 趣味 特技 :-
  • 事務所   :コミックス・ウェーブ・フィルム

新海誠(しんかいまこと)さんの来歴

来歴

来歴 長野県南佐久郡小海町に出生。

実家は1909年創業の建設会社(ゼネコン)を代々営む新津組。
1947年に株式会社として設立されたのち、3代目にあたる父親が代表取締役社長に就任し、年商70億円ほどの規模に成長させました。
父いわく、新海の母も絵を描いており、県の美術展に入選することもあったそうです。

子供の時からSFや宇宙関係のものが好きで、学研の『宇宙のひみつ』や『月世界旅行』、『失われた世界』、『ホーキング、宇宙を語る』、アーサー・C・クラーク、アイザック・アシモフ等が愛読書だったほか、当時まだ珍しかったパソコンを買い与えられ遊んでいたそうです。

部活動では、小学校時代はスピードスケート部に所属し、早朝から松原湖で練習に励んでいたといいます。
中学では男子バレーボール部部長を務めました。
高校では弓道部に所属。大学では児童文学研究会で絵本の制作活動をしました。
特別何かに秀でた存在ではなかったが、学級委員や生徒会といった役を押し付けられるタイプだったそうです。

片道40分かけて小海線で通った長野県野沢北高等学校を1991年に卒業したあと上京し、1996年に中央大学文学部文学科国文学専攻卒業。
大学在学中からアルバイトとして立川市のゲーム会社・日本ファルコムで働き始めます。

大学卒業後は、4代目として家業を継ぐための修行として、父親の紹介を受けた都内の住宅メーカーに勤める予定だったが断り、1996年に大学を卒業してアルバイト先の日本ファルコムに正式に入社。
ゲーム開発部門への配属を希望したが叶わず、創業者加藤正幸会長直轄のチームで、ロールプレイングゲームのパッケージ制作を担当し、キャッチコピーやパッケージビジュアルの作成、画像の選定などを行っていたそうです。
同社のパソコンゲーム『英雄伝説 ガガーブトリロジー』『イースIIエターナル』などのオープニングムービーを制作する傍らで自主制作アニメーションを制作し、1998年に『遠い世界』でeAT’98にて特別賞を、2000年に『彼女と彼女の猫』でプロジェクトチームDoGA主催の第12回CGアニメコンテストでグランプリを獲得しました。

会社員時代は、夜中に帰宅したあと午前3時頃までアニメーション制作を行い、翌朝6時に起床し出社するというような生活を送っていたが、2001年初夏の頃に5年間勤めた日本ファルコムを退社。
退社したひとつの理由として、「日本ファルコムで作っていた映像がファンタジー世界であり、自分が暮らしている世界はそれとは全く別。自分の生活に密接したものを表現したかったから」と述べています。
現在コミックス・ウェーブ・フィルムに所属されています。

新海誠さんの作品について
『ほしのこえ』
2002年、初の劇場公開作品となる『ほしのこえ』を発表。
監督・脚本・演出・作画・美術・編集など、ほとんどの作業を新海一人で行った約25分のフルデジタルアニメーション。
同作品は第1回新世紀東京国際アニメフェア21公募部門で優秀賞を受賞。
他にも、第7回アニメーション神戸・第6回文化庁メディア芸術祭 特別賞・第34回星雲賞 メディア部門・第8回AMD AWARD BestDirector賞など多数の賞を受賞。

『雲のむこう、約束の場所』
2004年、初の長編作品となる『雲のむこう、約束の場所』を発表。
前作以上の作画のクオリティーと巧みな演出、音楽とのマッチングが大いに評価され、この作品で第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を、宮崎駿監督の『ハウルの動く城』などを抑え受賞。
また2005年12月26日には、エンターブレインから加納新太による小説版が刊行されました。
さらに『月刊アフタヌーン』にて、佐原ミズによるマンガ版が連載。

『秒速5センチメートル』
2007年、連続短編アニメーション『秒速5センチメートル』を発表。
7月にはDVDも発売。単館上映でありながら半年に及ぶロングランを記録。
アジア太平洋映画祭アニメーション映画賞 受賞 イタリア フューチャーフィルム映画祭 「ランチア・プラチナグランプリ」(最高賞)受賞。
2008年1月中旬から2月中旬にかけて、ヨルダン(アンマン)、カタール(ドーハ)、シリア(ダマスカス)にて、現地のクリエイターを対象としたデジタルアニメーション制作のワークショップを行いました。
ワークショップ終了後は1年ほどロンドンに滞在、2009年4月日本に帰国。
2012年にはこの中東でのワークショップ開催により、「世界で活躍し『日本』を発信する日本人プロジェクト」で選出され、内閣府国家戦略室の担当大臣古川元久から感謝状が贈られました。

『星を追う子ども』
2011年、『星を追う子ども』を発表。
これまでの作品とはかなり異なる作風であり、ファンタジー要素が強くアクションシーンも増えている。また、新海いわく「今回の『星を追う子ども』ではジブリ作品を連想させる部分が確かにあると思うのですが、それはある程度自覚的にやっているという部分もあります」。
また、「日本のアニメの伝統的な作り方で完成させてみる」ことを個人的な目標にしていたといいます。
第八回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞 受賞 第34回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編コンペティション部門ラインナップ選出。

『言の葉の庭』
2013年、『言の葉の庭』を発表。同時にDVDとブルーレイを先行発売。
一般発売は6月21日。 全国23館で料金は1000円均一ながら、公開3日間で興収3000万円というヒットを記録。
CCOOの調査によると公開週のTwitterつぶやき数ランキングでは2位と大差をつけて1位になった。以降、評判が広まり2007年の『秒速5センチメートル』の観客動員数を10日間で突破し、2011年の『星を追う子ども』の動員数も14日間で更新。
劇場上映は当初3週間の期間限定の予定だったが、多くの劇場で上映延長が決定。
7月の中旬から全国16館でセカンド興行も行われました。
9月30日をもって劇場公開が終了し、累計12万人以上を動員。
最終興収は推定1億5000万円。
カナダ・モントリオール ファンタジア映画祭 今敏賞 / 劇場アニメーション部門 観客賞 受賞
第18回アニメーション神戸賞 作品賞・劇場部門 受賞
iTunes Store 「iTunes Best of 2013“今年のベストアニメーション”」 選出
ドイツ シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭「ITFS」長編映画部門 最優秀賞 受賞

『君の名は。』
2016年、『君の名は。』を発表。
新海作品としては初めて製作委員会方式をとっています。
8月26日の公開から28日間で動員774万人、日本のアニメーション監督としては宮崎駿に続いて2人目となる興行収入100億円の大台を突破しました。
2016年12月8日までの105日間に、興行収入209億円、2017年2月17日時点では240億円余りとなっています。
中国やタイなどのアジア圏、ヨーロッパ圏においても大人気の映画となりました。
また、原作本として自身が執筆した『小説・君の名は。』も、文庫の週間売上ランキングで8週間1位をキープしたまま100.9万部を突破し、ミリオンを達成しました。
第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭 アニメ作品部門 最優秀長編作品賞 受賞
第60回BFIロンドン映画祭 Official Competition ノミネート
第18回プチョン国際アニメーション映画祭 長編コンペティション部門 優秀賞・観客賞 受賞
ニュータイプアニメアワード 2015-2016 作品賞(劇場上映部門)1位
第42回ロサンゼルス映画批評家協会 長編アニメーション賞 受賞
第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 監督賞
イタリア、トリノにて行われた『CARTOONS ON THE BAY PULCINELLA AWARDS2017』にて、監督賞、脚本賞。コミックスウェーブフィルムがスタジオオブザイヤーを受賞。

スーザン
CMでも「君の名は」でも思いましたが、新海誠監督の背景ってキレイですよねー。
写実的すぎず、光の感じとかがスゴいなぁと感じます。
ひきの絵の時にぐわぁっと掴まれる何かがあります!

新海誠監督は「思春期の困難な時期に、風景の美しさに自分自身を救われ、励まされてきたので、そういう感覚を映画に込められたら、という気持ちはずっと一貫して持っている」といった旨の発言をしているように、背景にこめられたメッセージがあるのでしょうね!

新海誠展について

新海誠監督のアニメーション監督15周年を記念して、新海誠展が開催されています。
本展は貴重な制作資料である絵コンテや作画、設定資料や映像などの展示を通じて、そうした新海誠の15年の軌跡を見ることができるそうです!

新海誠展

2017年6月に静岡県の大岡信ことば館で開催されていました。
その後、長野、中国、東京、台湾、北海道、大阪にて実施。
現在はみやざきアートセンターで開催されています。

以降は、

  • TFUギャラリーMiniMori(宮城) 2018.6.2 sat – 7.8 sun
  • 北九州市漫画ミュージアム(福岡) 2018.7.21 sat – 9.24 mon
  • 金沢21世紀美術館(石川) 2018.10.6 sat – 11.2 fri
  • 青森県立美術館(青森) 2018.11.10 sat – 12.9 sun
  • 沖縄県立博物館・美術館(沖縄) 2018.12.18 tue – 2019.2.3 sun
  • ジェイアール名古屋タカシマヤ(愛知)2019.2.16 sat – 3.3 sun

と巡回が決まっています。

トミー
僕が住んでいる県にも巡回展がくるので、行ってみたいと思います!

新海誠展 ウェブサイトはこちら

CMで使用されていた楽曲は?

CMで使用されていた楽曲はスキマスイッチの曲で「ミスターカイト」でした。
立ち向かい進んでいくような歌詞、難しい施工に携わっているCMにぴったりです。

スキマスイッチの「ミスターカイト」と新海誠監督と大成建設のコラボMVも
公開されています。お時間の許す方はぜひ見てみてくださいね。

新海誠×スキマスイッチ 『ミスターカイト』コラボミュージックビデオ

スキマスイッチのプロフィール

スキマスイッチのプロフィール

左から大橋卓弥、常田真太郎

  • 名前    :大橋卓弥(おおはし たくや)
  • 生年月日  :1978年5月9日(2018年5月時点、39歳)
  • 身長    :175cm
  • 血液型   :AB型
  • 出身地   :愛知県
  • 担当    :ボーカル、ギター、ハーモニカ

 

  • 名前    :常田真太郎(ときた しんたろう)
  • 生年月日  :1978年2月25日(2018年5月時点、40歳)
  • 身長    :176cm
  • 血液型   :O型
  • 出身地   :愛知県
  • 担当    :ピアノ、コーラス、オルガン、トータルサウンドトリートメント

 

スキマスイッチは、大橋卓弥(おおはし たくや)と常田真太郎(ときた しんたろう)からなる日本の音楽ユニットです。
1999年結成。
所属芸能事務所はオフィスオーガスタ。
所属レーベルはユニバーサルミュージック内のオーガスタレコード。

2018年3月14日にニューアルバム「新空間アルゴリズム」リリースされました。
「ミスターカイト」はシングルでも出ていますが、このアルバムも収録されています!

スーザン
4/11より全国ツアー「SUKIMASWITCH TOUR 2018 “ALGOrhythm” Supported by ACUVUE®、uP!!!」が始まっています!
私のうちから近いところで、本日ライブが行われてました〜。
時間とお金が許すなら行きたかった〜。
スキマスイッチ歌もさることながら、MCも面白いです!

まとめ

大成建設CM:「シンガポール」篇:14

この映画の予告編のようなCMを作られたのは新海誠(しんかいまこと)監督でした。
また、CMで使用されていた楽曲はスキマスイッチの曲で「ミスターカイト」でした。

今後も、大成建設のCMに新海誠監督携わられるのでしょうか?
次があれば、それも楽しみですね!

最後までおつきあいいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA