【2018年4月】アリアナ・グランデの新曲「No Tears Left To Cry」について調査

アリアナグランデ3

こんにちは~。
つむつむです。

今回は親日家としても有名なアリアナ・グランデの新曲について紹介したいと思います。

新曲のタイトルは“No Tears Left To Cry”で、MV(ミュージックビデオ)とメイキング映像も公開されています。

今回のMVでは、地面が回転したり、重力に逆らった動きを見せたり、顔が取れたりと、常識を覆すような映像が多く登場します。

そんな不思議なMVを早速みていきましょう。

Ariana Grande – No Tears Left To Cry

(アリアナ・グランデ – ノー ティアーズ レフト トゥー クライ)

No Tears Left To Cry1 No Tears Left To Cry2

No Tears Left To Cry3
垂直に歩いています。

No Tears Left To Cry4

No Tears Left To Cry5
天空への階段?

No Tears Left To Cry6
またもや垂直に立っています。

No Tears Left To Cry7 No Tears Left To Cry8

No Tears Left To Cry9
無数のアリアナの顔

No Tears Left To Cry10

No Tears Left To Cry11
顔なしのアリアナが仮面を選んでます。

No Tears Left To Cry12 No Tears Left To Cry13
スーザン
めまぐるしく場面展開がなされ摩訶不思議な映像が満載の映像です。
ぜひご覧になっていただき皆さん独自の解釈をしていただきたいところです。

こちらがメイキング映像です。

Ariana Grande – No Tears Left To Cry (BTS – Part 1)

不思議なセットに囲まれ撮影に臨んだアリアナ・グランデは、動くセットでの難しいポージングに最初は「キャー」と悲鳴をあげながらも徐々にコツを掴み、見事、重力を感じさせない幻想的なMVを完成に至ったそうですよ。

“No Tears Left To Cry”を和訳すると「もう流す涙は残っていない」の意味となります。
アリアナ・グランデ自身の強い意志が感じられる1曲となっています。

今回のMV制作を担当したディレクターのデイヴ・マイヤーズ(Dave Meyers)が語ったMVのコンセプトは、

人生で見当のつかないことに直面した時に、もう一度基盤となるものを探求すること、そして、その基盤は自分で作り上げるのか、もしくはもとある足場を探すのか、そんな状況を地面と天井がぐるぐる回るセットなどで表現した。

とのことです。

デイヴ・マイヤーズ。彼もまた有名な方なんです。

デイヴ・マイヤーズ(Dave Meyers)のプロフィール

デイヴマイヤーズ
  • 生年月日: 1972年10月19日
  • 出身地: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 バークレー
  • 学歴: ロヨラ・メリーマウント大学
  • 職業:映像ディレクター/フォトグラファー
  • 受賞歴: グラミー賞 最優秀短編ミュージックビデオ賞
  • ノミネート: BETヒップホップ・アワード 最優秀ビデオディレクター賞

17歳の時、地元の映画館でバイトをしながら映像業界を志すことに。
大学入学後は映像制作と哲学を専攻。
その後、映画監督の Gus Van Sant との出会いをきっかけにBritney Spears、Janet Jackson などの超大物アーティストと仕事する機会を得ます。

そしてAppleのiPodのキャンペーンをきっかけにCMの制作にも幅を広げ、多くの賞を獲得しているエンタメ業界では有名な方なんです。

2017年のグラミー賞「Video of the Year」を受賞したミュージックビデオがこちら。

Kendrick Lamar – HUMBLE.

(ケンドリックラマー – ハンブル)

アリアナ・グランデのプロフィール

アリアナグランデ1
  • 本名:アリアナ・グランデ=ブテーラ(Ariana Grande-Butera)
  • 別名義: Ari
  • 生年月日:1993年6月26日
  • 出生地:アメリカ合衆国 フロリダ州ボカラトン
  • 身長:153cm
  • 職業:シンガーソングライター、女優
  • ジャンル:コンテンポラリー・R&B、ソウル、ポップ、EDM
  • 活動期間:2008 –

8歳の時に北米プロアイスホッケーリーグで国歌斉唱、15歳でブロードウェイ『13』に出演、その後ミュージカル・ドラマ『ビクトリアス』でのキャット役を務めています。
ズバ抜けた歌唱力を持っていることから“ネクスト・マライア”と称賛されることも
デビュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』は全米ビルボード初登場1位獲得し、アメリカン・ミュージック・アウォーズ2013で最優秀新人賞受賞
2014年夏、シングル「プロブレム feat. イギー・アゼリア」が63の国と地域のiTunesにて1位獲得
2ndアルバム『マイ・エヴリシング』も全米1位を獲得し、女性アーティストがデビュー作から2作連続1位獲得したのは、スーザン・ボイル以来の快挙です。
親日家でもあるアリアナが2016年にリリースした3rdアルバム『デンジャラス・ウーマン』は、日本において2016年オリコン上洋楽で最も売れたアルバムとなっています。

日本とのかかわり

親日家を公言しています。2015年2月15日、自身のツイッターに「わたしはべんきょします! 」と日本語で投稿をし、自筆の勉強ノートを公開したことも。

 

2015年3月にアメリカNBC放送のトーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』出演した際には、ホストのジミー・ファロンに「私の絶対領域はとてもセクシーです」という日本語を教え、その意味も解説して爆笑を買う動画も公開されています。

 

2016年4月、訪日時に発生した熊本地震の被災者に向けた日本語のメッセージをツイッター上で発信してくれました。

 

『Dangerous Woman』の日本版ミュージックビデオでは、着せ替え人形玩具のリカちゃんが出演しています。
日本版のアルバムにのみ収録されているシングル「フォーカス」をフィーチャーしたもので、アリアナに憧れていたリカちゃんがMVに入り込んでいくというストーリー仕立てになっており、衣装・メイク・髪色なども似せた仕上がりになってます。

アリアナ・グランデ×リカちゃん「フォーカス」ミュージック・ビデオ

リラックマ好き

アリアナとリラックマ2 アリアナとリラックマ1
トミー
スマホケースがリラックマです。

食生活

ヴィーガンで、肉や牛乳、卵など動物性の食べ物は一切口にしないそうです。

ヴィーガンとは
完全菜食主義で動物製品を使わない「ヴィーガニズム」という生活様式を実践する人たちのことをビーガンといいます。

過去のインタビューでは、どうしてヴィーガン(一切の動物性食べ物をとらない菜食主義者)になることを選んだのかについて語っています。

「ほとんどの人より動物が大好きなの。冗談じゃなくて本気よ。でも完全に植物由来の食事は寿命を延ばすし、あらゆる面で幸せになれる。外食するときは苦労するけど、信念に従うわ。野菜やフルーツ、そしてサラダを食べているの。家に帰ったら他に何か食べている」
「ヴィーガンだから、イタリア料理はあまり食べない。肉とチーズで育てられたから、普通の人が食べる量をもう食べているわ」

スーザン
アリアナなりの固い信念を持っていることが伺えますね。

 

まとめ

アリアナ・グランデの新作MVについて紹介し、制作を担当したデイヴ・マイヤーズについても調べてみました。
アリアナは親日家であり、ヴィーガンであることも分かりました。
これからも来日してかわいらしい姿を披露してほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA