【2018年3月】ぽちゃかわメーガン・トレイナーについて調査

メーガントレイナー

こんにちは!
ツムツムです。

アメリカで1000万以上のセールスを記録し、世界的大ヒットとなった「オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言!」でセンセーショナルなデビューを果たし、2016年第58回グラミー賞で最優秀新人賞を受賞したメーガン・トレイナーが、新曲「No Excuses|を発表し、同時にミュージックビデオも公開しました。

メーガン・トレイナーとはどんな人物なのでしょうか?
調べてみました~。
まずは新曲のミュージックビデオから見ていきましょう。

Meghan Trainor – No Excuses

No Excuses15 No Excuses14 No Excuses13 No Excuses12 No Excuses11 No Excuses10 No Excuses9 No Excuses8

このミュージックビデオはケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)「Alright」の米映像監督コリン・ティリー(Colin Tilley)が監督をしています。

トミー
カラフルなパステルカラーと個性的なメイクやファッションを纏いメーガンが七変化しているのが印象的でしたね。

 

なお、この新曲のオフィシャルの振り付けガイドビデオも公開されてます。

スーザン
メーガンと一緒に踊ってみよう♪

メーガン・トレイナーのプロフィール

  • 出生名:Meghan Elizabeth Trainor
  • 生年月日:1993年12月22日(24歳-2018年3月現在)
  • 出身:アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 ナンタケット
  • 職業:シンガーソングライター、プロデューサー
  • 活動期間:2010年 –
  • レーベル:エピック・レコード
  • 愛称:ぽちゃカワ歌姫

高校在学中にナッシュビルの音楽出版社とソングライターとして契約。
早くからプロ・ミュージシャンたちとのセッションをこなし、グラミー受賞歴のある大物アーティストにも楽曲を提供していたキャリアを持ってるんです。

・ 2014年、シングル「オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言!」でデビュー。そのキャッチーでポジティブなボディ・アンセムは瞬く間に世界中の女の子たちを中心に大ヒットし、世界的大ブレイクを果たします。

・ 2015年、デビュー・アルバム『タイトル』を発表。米・英・カナダ・オーストラリアほかでアルバム・チャート1位を獲得し、72カ国のiTunesチャートで1位を記録。

・更に、新人ながら2015年第57回グラミー賞主要2部門ノミネート(「年間最優秀レコード賞」「年間最優秀楽曲」)されます。

・ 2016年、シングル「NO」「ミー・トゥー」収録のセカンド・アルバム『サンキュー』(国内盤5/18発売)を発表。ファースト・アルバムに続きセカンドでもプラチナムを獲得する大ヒットとなりました。

新曲「No Excuses|にはどんなメッセージが?

メーガン・トレイナーといえば、毎回女性に対してメッセージ性の強いソングをリリースしています。
今回の新曲に対しては以下のように語っています。

「多くの女性たちが正しいことのために立ち上がっているのはとても素晴らしいこと。そんなみんなのためにパワフルなアンセムを作りたかった。これは私にとって“リスペクト”(アレサ・フランクリンのヒット曲)の現代ヴァージョンで、平等と優しさについて歌っているの」。
また、他人へのリスペクトを欠くような態度について「言いワケご無用!(=No excuses!) あなたのママはもっとちゃんとした人にあなたを育てたはずよ!」とピシャリとしたメッセージが込められています。

デビューシングル「オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言!」にはどんなメッセージが?

大切なのは体のサイズじゃない。あなたはそのままで十分魅力的。太っている事を気にしたり、悩んでばかりいないで、ありのままの自分を好きになって!自分の魅力をもっとひきだして、ポジティブに生きようよ?

Meghan Trainor – All About That Bass

All About That Bass7 All About That Bass6 All About That Bass5 All About That Bass4 All About That Bass3 All About That Bass All About That Bass1

メーガン・トレイナー自身、ぽっちゃりしてます。このデビューシングルは彼女自身を含め世界中の女の子たちに向けて発せられた”ガールズアンセム”として世界中の女性から受け入れられました。

重度の声帯出血により半年間で2度の手術

順風満帆と思われているメーガン・トレイナーですが、実は、彼女は声帯出血により2度の手術を受け、声を出せない時期が4カ月もあったそう。
そんな人生のどん底にあった彼女を支えてくれた家族、フィアンセ、そしてファンへの尽きぬ感謝の気持ちを込めたレターが発表されています。

感謝状

【感謝状全文翻訳】

すごい!信じられないことに、前作『サンキュー』をリリースしてから2年、デビュー曲「オール・アバウト・ザット・ベース」で人生が劇的に変わってからもう4年になるわ。ファンのみなさんはこの旅路の重要な一部。みんなの存在と変わらぬ支援が私にとってどれほど大切か、とても言葉にはできません。
『サンキュー』をリリースした翌年は、私の人生でもっとも辛い1年だった。グラミー賞を受賞して、セカンド・アルバムをリリースして、3回目のツアーに出て、幸せの絶頂にいると思ってた。でも違った。実際は正反対。重度の声帯出血にたまりかねて手術を受け、2016年末に予定されていた残りのコンサートや活動をすべてキャンセルせざるを得なくなってしまった。そしてグラミー賞を受賞してから丸1年後の2017年2月12日、6ヶ月間で2度目の声帯手術を受けたの。あんなに暗い気持ちになったことはなかったし、そこから抜け出すことができるかどうかもわからなかった……でも、乗り越えたわ!
自分自身のこと、健康、そして幸せになることに、私はちゃんと向き合うようになった。愛する人、ダリルにもめぐり逢い、今までの中で最高のアルバムもレコーディングできた。自分の人生の主導権を取り戻し、気づいたわ。すべきことに取り組まず、人生でもっとも大事なことに専念しないなんて“言い訳の余地はない”って。
みんなの変わらぬ愛情とサポートには、言葉にできないほど感謝しています。みんなのために音楽を作ることで乗り越えられた。これからリリースする新曲はみなさんに捧げます。すべてみんなのおかげ。ずっと取り組んできたものを早く分かち合いたい。私と同じくらいみんなも気に入ってくれたら嬉しいわ!!

2017年12月に婚約

お相手は、映画『スパイキッズ』シリーズで知られる俳優ダリル・サバラさん。
24歳の誕生日(12月22日)にプロポーズされたようです。

メーガンは、サバラが指輪を手にひざまずきプロポーズする様子をとらえた映像をインスタグラムで公開し、

「私、YESSSSって言ったわ!!!! 24歳の誕生日、最愛の人@darylsabaraが私の夢すべてを叶えてくれた。彼は、美しいクリスマス・ライトのトンネルの下で私にプロポーズし、家族、友人たちと一緒に私を驚かせた。いまでもショック状態よ。こんなに幸せなことはない! 本物のプリンセスみたいに感じさせてくれて、ダリル、家族、友達みんな、ありがとう。それに@ryan.trainor(*兄)、この素晴らしいビデオをありがとう。繰り返し見ることになるわ」

と、伝えています。

2人は共通の友人を通じ知り合い、2016年夏から交際していたようです。

メーガン・トレイナーさんのtwitterをチェック

まとめ

メーガントレイナー
ぽちゃかわ歌姫と言われてるメーガン・トレイナーについて調査してみました。
世界中の女性に勇気を与えるメッセージ性の強い曲をリリースしてくれる彼女。
今年発売と噂される最新アルバムがとっても楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA